グラムレンズ

グラムレンズが危険って本当?噂レベルまで徹底的に調べてみた

グラムレンズのカラコンは非常に人気がありますが、ネットでは、危険と言う噂もあります。いったいどんな噂があるのか、それは真実なのかどうかを調べてみましたのでご紹介させていただきます。

 

カラコンの通販サイトはいくつかあります。その中でもグラムレンズは特に人気のサイトになっています。だからこそ、いろんな噂が出てくるのかもしれませんが、購入側としては不安になりますよね。徹底的に調べてみましたので、最後まで読んでみて下さいね。

グラムレンズは危険と言う噂とは?

グラムレンズで販売されているカラコンの中でも、高い人気を誇っているのが、ロデオシリーズのカラコンです。このロデオに関しての噂があります。

 

・カラコンの色素が身についてしまった

 

こう言う口コミがあるようです。これは想像しただけで怖いですよね。ですが、グラムレンズのロデオは、キャストモールドという製法を使って作られています。レンズの元となるものと、色素を混ぜて型に入れます。色素はきちんとコーティングされてから型にいれるので、そういったことが起こる可能性は非常に低いといえます。

 

・ロデオカラコンで失明する!?

 

ロデオカラコンで失明するという噂があります。これもまた怖い話ですね。ですが、これはグラムレンズのロデオカラコンに限ったものではありません。いろんなカラコンで噂されているものです。

 

グラムレンズは危険と言う噂の元は、大きくこの2つに絞られます。カラコンをこれから使おうと思っている方が知ったら、噂レベルであっても怖くなってしまいます。

グラムレンズの噂の真相とは?

まず、「色素が身についてしまう」という噂についてですが、先にも少しかかせていただきましたが、製法上、可能性は低いです。ただ、稀に不良品などもありますが、その不良品が消費者の手元に送られる可能性は、極めて低いです。

 

グラムレンズで取り扱っているカラコンは、韓国製ですが、製造している会社は大手です。当然、検品作業も徹底して行っています。不良品が消費者に届けられるというのは考えにくいのではないでしょうか。

 

次に、「失明する」という噂です。これはグラムレンズのカラコンに限ったことではありません。カラコンは目に入れるものです。間違った使い方をしたり、使用上の注意を守らなければ、当然失明する可能性はあります。

 

もし、本当に、グラムレンズを使用した方で、「色素が身についてしまった」「失明した」という方がいたら、その時点で、販売停止などの措置がなされているはずです。また、ニュースにもなっているのではないでしょうか。

 

グラムレンズのロデオカラコンは、今も販売されていますし、カラコンの中でも高い人気がある商品です。口コミなどをみていても、良い口コミがほとんどですので、安心して使えるカラコンだといえます。

噂を真実にしない為には?

グラムレンズのカラコンが危険であるという噂は、きっと今後もでてくるはずです。実は、人気のグラムレンズのカラコンの類似品が出回っています。見た目がそっくりなので間違って購入される方もいるようです。ですが、中国で製造されているもので、つけてすぐに目のトラブルが起こるという声があがっています。類似品を買わされないようにする為には、購入する時は、グラムレンズの公式サイトから購入するようにしてください。

 

グラムレンズのロデオカラコンの特徴でもある「1年使用できる」というのは、毎日のレンズケアを正しく行っている場合に限ります。また、使用方法を守ることが、トラブルを避ける最大の方法です。グラムレンズのカラコンを使用していて、角膜に傷がついてしまったというなら、それは使い方に問題があるのがほとんどです。カラコンを使い始める前には、必ず使用方法をしっかりと頭に入れておくようにしてください。

 

グラムレンズはけして危険な物ではありません。安心して使っていただけるカラコンです。カラコンが初めての方は、まずは眼科に行くことを忘れないでくださいね。