カラコンの眼科検査は行くべき?詳しい内容や料金など

カラコンの眼科検査は行くべき?詳しい内容や料金など

若者を中心に流行しているカラコン。すでにオシャレ女子の間では定番となっています。ですが、カラコンを初めてする方は、事前に眼科検査を行った方がいいというのをよく聞きませんか?どうして行くべきなのか、詳しい検査内容や料金などをご紹介させていただきます。

 

今、最も人気のあるカラコンは韓国製のものです。最近はとても安価で手に入るので、若い方も気軽に購入することができます。でも、海外製の物に限らず、カラコンを使用するならその前に、しなけらばならないことがあるので、知っておいてください。

カラコン使用前にどうして眼科検査は必要なの?

カラコンは、コンタクトレンズです。コンタクトレンズは「高度管理医療機器」に分類されます。コンタクトレンズを購入する時は、眼科検診をしますよね。カラコンも同じということになります。

 

カラコンには、度アリと度ナシがあります。度アリを選ぶ時は、事前に眼科検査を受けないといけないのはわかりますよね。でも、度ナシならいいのでは?と思っていませんか?それは大きな間違いです。

 

瞳の大きさは、人それぞれ。100人いれば100通りの瞳の形や大きさがあります。自分の瞳の大きさや形にあったカラコンを選ぶサポートしてくれるのが、眼科検査なのです。瞳の直径やベースカーブなどを検査して、自分のサイズを知る必要があるのです。

 

もし、カラコン使用前に眼科検査を受けずに、適当に好みで選んで装着してしまうと、大切な瞳に傷ついてしまったり、瞳への影響だけでなく、頭痛やめまい、吐き気、目の充血などという症状が現れる可能性もあります。そういったことにならない為にも、必ずカラコン使用前には、眼科検査を受けるようにしてください。

眼科での検査内容と費用についての詳細

まず、眼科検査を受ける前に、事前に電話をして、カラコンの使用前の検査を行ってくれるかどうかを確認してください。カラコンはメジャーになっていますが、眼科医の中には否定的な見方をされている先生もいらっしゃいます。検査をしてくれるかどうか、カラコンの取り扱いがあるかどうかを確認しておきましょう。

 

検査内容ですが、カラコンに必要なのは、

 

・レンズの直径(DIA)
・ベースカーブ(BC)
・度数(PWR)

 

になります。ですが、これだけではありません。カラコンやコンタクトレンズは、ドライアイやアレルギーの方は、眼病になるリスクが高くなります。カラコンを使用してもいい瞳であるかどうかを検査する必要があります。他にも、眼科によって検査内容は異なる事があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

次に、検査費用についてですが、保険が適用されるので3割負担の方の場合は1,000〜2,000円程度となります。「検査」とつくと、どうしても費用がかかると思われがちですが、保険適用になるのでそれほど高くならないので、安心ですね。

 

カラコンの取り扱いがある眼科では、カラコンの装着方法や、使い方、注意点などを教えてくれる所もありますので、是非検査は受けることをおすすめします。

眼科検査は最初の1回だけでいいの?

カラコン使用前の眼科検査を受けて、それで終わりではありません。カラコン使用OKがでて使い始めてからも、定期的に検査することが必要です。

 

「お医者さんからOKがでたし、サイズに合ったものをつけているから大丈夫!」

 

そうみなさん思うはずです。でも、カラコンを使っていて、気付かないうちに、大切な瞳に傷をつけていることがよくあります。また、何らかの眼病になってしまっているというケースも実際にあります。症状が悪化してしまってからでは、取り返しがつかない事もあります。そういったことを防ぐ為にも、できれば、3ヶ月に1度というペースでもいいので、定期的に検査を受けるようにしてください。

 

韓国製のカラコンに人気が集まっており、瞳に着けるだけで、すごく盛れて別人になれますよね。でも、安易に手を出すのは良くありません。コンタクトレンズですので、自分の瞳に合ったものを選ぶことが大切なのです。その為にも、必ず事前に眼科検査を受けるようにしてください。また、定期的な検査も受けて、瞳を守ることも忘れないでくださいね。